COLUMN

3次元点群を作成!sfmソフトとは

2019年12月月25日 |

3次元点群を作成!sfmソフトとは

弊社「ドローン測量」をサービスとして展開しており、

請負から自社での取り組みサポートしております。

 

今回はそのドローン測量の成果物でもある

3次元点群を作る流れをお伝えできればと思います。

 

ズバリ、、!

3次元点群は、「sfmソフト」を使って作ってます!

 

sfmソフト?

いきなり専門用語ですいません。

ちゃんと説明します↓

sfmソフトはStructure from Motion(SfM) という技術で、

異なる視点からの写真を使って3次元形状を復元するソフトになります。

 

ざっくり流れとして、

①ドローンで撮影した複数枚の写真をsfmソフトに入れる

②ソフトが自動的に解析。写真を比べて一致する特徴点から点群を生成。

③半日程度待つと点群作成完了。

 

以上の流れになります。

この流れだとドローンGPS情報のみでの点群生成になるので、

現況と1m程度ずれた点群データが作成されます。

さらに精度の良い点群を作る場合は、②の点群解析前に対空標識を用いて

測ってきた座標を教えてあげる作業が必要になります。

 

このsfmソフトはドローンで撮影した空中写真だけでなく、地上撮影の写真も可能です。

余談になりますが、首里城デジタル復元プロジェクトでも

このsfmの技術が利用されています。

みんなの首里城デジタル復元プロジェクト

https://www.our-shurijo.org/

社会的意義のあるプロジェクトにも利用されており、

sfmをドローン測量でかじる身としては身近に感じられました。

沖縄県民としてもこのプロジェクト応援したいですね。

 

話を戻しますが、

sfmソフトを使うにはマシンスペックの高いPCが必要となります。

参考までに弊社が使っているPCのスペック列記します。

 

参考okicom sfmソフト利用PCスペック

CPU

core i9-9900 3.1GHZ 第9世代

メモリ

32GB

GPU

(Geforce前提)

GeForce RTX 2080 Ver:425.46

参考価格

約53万円

 

弊社では以上のようなPCを使ってます。

これに加えてドローン写真を保管できるぐらいのストレージがあると望ましいでしょう。

それなりに高い買い物となりますので、

既存のPCで大丈夫なのか。といったご相談もお受けいたします。

 

沖縄県内でドローン測量を自社でお考えの方、

今回の記事で興味を持った方、ぜひご相談ください。

 

TEL:098-898-9852 営業部支援課ドローン担当まで


CONTACT

okicom

お問い合わせ

当社に対するお客さまからのご意見や問い合わせを承ります。
フォームからのご返答には数日かかる場合がございます。お急ぎの要件は直接お電話か担当営業までお問い合わせ下さい。

TEL 098-898-5335

受付時間:9:00〜17:30月〜金曜日(祝祭日他、休業日を除く)

お問い合わせフォームへ